yspcとは何なのか

コンセプチュアルな武術習得

Yassy’s  Self Protection Concepts
セルフ・プロテクション・コンセプト





ワイエスピーシーと読みます。


その言葉の意味は

Yassy’s Self Protection Concepts であり、

Yassy’s Secret Principles of Combat

 という頭文字をとったものです。


yspc Acdは、当教室創始者が古今東西の武術

内在すると考えている「事前に防衛する準備

としての「護身コンセプト」であり

秘密の戦闘原理」のことです。



当教室ではコンセプトを理解することを目的に

各ワークを体験し、最終的にはコンセプトを

通して、セルフプロテクションだけではなく、

意識の影響力やそれによって生まれる考え方

や生き方に役立てていただけたらと思います。


今後のライフスタイルにも影響力をもつ

ツールとして yspc に取り組んでもらうことで、

相乗効果を生み出せると考えています。


yspc はつねにアップデートを繰り返し、

「難しい考え方をよりカンタンにし、よりシンプルに伝えられたら」

と思っています。


興味をもった方それぞれが私と同じような、

またはそれ以上の体験を手にいれてほしい。


人間が潜在的もっていた超自然的な動作や

意識による解決法を感覚だけに頼ることなく

言語を用いて教授しております。 


YSPC創始者兼代表 渡邊康人



▲トップページ



 読解力と新たな気づき

 読み解くチカラ。






型や技、力や動きについて、
どのように考えるか


当教室は、武術をコンセプトから理解し、

武を通して、ノンバーバル(非言語)コミュニケーション、

野生動物の本能的な生理反応セルフプロテクション

そして、思想・哲学、生き方

さらには、リーダーシップを磨く教室です。


かつて、私は武術の達人を目指して稽古を積み重ね、

脱力や身体操作、ボディーワーク、そして心理操作

なども研究していました。


しかしながら、いずれの研究やトレーニングでも

達人のような動きで相手を崩すようなことを

再現できませんでした。


その理由の一つは私にはそれだけの

修練や才能が足りないこと。

もうひとつの理由は、


武術の戦闘原理とコンセプト

知らなかったからです。


力やスピードに頼らず、

体格差を補い組み伏せる術理を学びたい。

いざという時には最適の行動を選択したい。


危機管理として、セルフプロテクションとしての

武の姿を自分自身で体現できるようになりたい。

それが私の憧れた武の理想でした。


そのために必要だったのは、

人間が生まれる前より備わっている


「根源的、本質的な能力」を呼び起こし、

体系化された「コンセプト」を理解・体験することです。




可能性を捨てない。



テクニックを学べたり、

解剖学的な身体のつかい方

教えてくれる素晴らしい武術

武道は日本にはあふれています。


いっぽうで、

武術のコンセプトを具体的に

体験的に学べる教室は非常に

少ないものと感じています。


 yspc はコンセプトから習得して

いく流派・門派を超えて上達に役立てる

セルフプロテクションを意識した

学習スタイルとなっています。


求めているものは強さではありません。


人間の可能性と武術への希望です。


Basicレッスンは

たった4コマのレッスンですが、

脱力や身体操作だけでは理想を

体現できなかったという方に


どのような意識の置き方をすれば、古今東西の武術・武道の技というものは成立されるのか」「私たちはどのような動きをすると動物本来の動きが引き出されるのか」について学んでいきます。


そして、そのレッスンの中で最終的に、


「武技を構成する潜在的な能力の発露には、意識という精神力の具体的な記述にある」という秘密を体験的に概念的に理解していきます。


現在、私たちはテクニックやノウハウを学ぶ

ことの重要性をわかってはいます。


問題は、「テクニックの氾濫する混沌とした情報社会」で「どう生き抜いていけば良いのか」です。「なぜ、このようなテクニックで良いのか」といった「なぜか/WHY」の部分を簡潔に説明できるレッスン環境が必ずしも用意されているわけではありません。


圧倒的な練習量で技法を体得した教師が言えることは、

もっともっと練習しなさいです。


天才が感覚や経験で文字通り体得したことは、

感覚的なことであり説明が難しい。


また、そのレッスンの多くが自己の身体能力

の開発に集中されています。


武を習得していく過程の中で、間接的ではなく直接的かつ具体的に「人とどうやっていくのか」といった哲学や実学をも学ぶ「方法論が」用意されていません。


YSPCでは、さまざま名人が語るフィーリングというものをメタファーをもちいて、超訳とも呼べるほどの極論で再翻訳しました。


それにより、短期間で理解し学習できるよう

編纂し直したプログラムを用意してます。


これまで武術では抽象的だった部分を、シンプルで具体的に、体験レベルで理解できる。そのようなレッスンプログラムを研究しています。


人間の持つ遺伝子レベルの本質的な能力を覚醒させ、武術に抱いていた疑問を晴らしていこうと思っています。そして、開発した私自身が、最も学びたかった学習スタイルで、武の素晴らしい価値を再発見し、その実学を活かしたセルフプロテクションを学ぶことができるようにしました。


ビジネスや社会においてのサバイバルノウハウ

に役立たせることもできるでしょう。

そして、家族や会社、クライアントとの

絆を深める非言語コミュニケーションの本質を

体得する秘術となるでしょう。


YSPCの3大コンセプト

「構え・間合い・コントロール」


参加者は最初のレッスンで、

この最重要コンセプトを通して、

ムスビ・合気・先を学ぶことになります。


この3つのシークレットコンセプトが相乗効果をもつ総合的戦略セルプロテクションコンセプトであなたの理想を叶えて欲しいと思っています。




システムについてさらに詳しく >


プログラム> 特徴> システム> 会場>  料金>

▲トップページ





レッスンの申し込み・ご相談は、問い合わせフォームまで。電話によるお問い合わせ・ご相談は、いたしておりません。
トップページサイトマッププレスリリース|連絡先 |Copyright © 2012 護身術教室YSPC. ALL RIGHTS RESERVED.  | プライバシーポリシー