YSPCの特徴


流派・門派から開放された
新時代のシステム






① 誰もが初心

年齢・実力に関係なく初体験。

YSPCの習得に必要なスキルは細胞のコミュニケーション能力です。このスキルは民族、宗教、職業、性別、年齢に関係なく、その人の人間性や対人スキルに左右されるものであり、武道家もそうでない方も平等に同じ土俵でモノにしていくことができます。



② 段階的に

ノウハウを段階的に用意。

達人と言われる天才には、天才だけにしか理解できないフィーリングと言うものがあります。そのフィーリングを弟子達に伝承する・体伝するための道具が、武道の型や技なのであるわけですが。一般の方には、それだけでは不十分であるという見解をYSPCでは持っています。そこで、独自に翻訳したメソッドを用いることで、段階的に氣や意識というものを、細胞全体で理解できるようにしています。



③ 具体的・体験的

遺伝子レベルの非言語コミュニケーション。

人間が生まれてから習得する言語コミュニケーションではなく、生まれる以前から遺伝子レベルで身についているノンバーバルコミュニケーションを使い、細胞レベルではじまる身体操作、意識操作について体験的に、深い理解と習得を目指していきます。経営者、セラピストから、医療部門、ビジネス、対人関係の向上を目指す方にとっても、目から鱗のノウハウが展開していきます。








YSPCを利用する生活。

実社会に活かしていく。


武術ほどプレゼンテーション効果のあるメディアはないのではないか。それほど、武術には、抽象的な世界をわかりやすくシンプルに伝え体験できるツールとして、秀でたものがあると思っています。


YSPCの体験を通して、私たちの住まう世界がどのような世界なのかを再認識していきます。これまでとは違った現実を、まるで映画マトリックスのように感じていくことになります。レッスンを終えた帰り道。電車の窓から見える景色。これまで出会ってきた思い出を巡らせながら、YSPCから見える世界が目の前に広がっていくようになるでしょう。



▲トップページ 



Self Protction

世の中を生き抜くための兵法。自分を育むための学問。セルフディフェンスではなく、セルフプロテクション。それは、起きる前に事前に防衛するということです。未来を予測・準備・行動していくことです。


YSPCは具体的な体術を通して肉体的な検証を行い、暴漢から身体・生命を護るだけではなく、それが「家族・財産・人生を護っていくためのシンプルで合理的な方法論」としてライフスタイルに活かすこともでき、それを体験的に理解できる人生の兵法にもなっています。

これまでの自己啓発などにあった言語的でスタティックな精神論では、体験的に理解できなかった問題も、細胞を通して体験的にダイナミックに検証をおこなえるため、抽象的な概念も参加者が一瞬で理解する効果があります。


人間形成、人生哲学としての学習価値も高いため、経営者やサービス業、教育者にも大変高い評価をいただいてきました。



参加者の声

プログラム特徴システム会場・ 料金






武「っぽく」ない。

流派や伝統に縛られたない理想の自分になるために。




流派・門派・伝統の匂いを消そう。

武道らしい動きにとらわれない。
そう見えない動きを求めていきます。


技とらしさから開放されよう。

自分の外側からエネルギーをつくりだすのではなく、自分自身に内在している自然なエネルギーを知ってください。つまり、yspcは、本来自然な動作であり、わざとらしい動きは必要ありません。

テクニック(技)を感じさせないように。特殊なことをしているように見えないように。様(さま)にならない動きを選択していきます。


テクニックを超えよう

テクニックを超えた本質的な術理を読み解くことによって、武術上達を妨げる根本的な問題を解決をしていくことに努力していきます。専門動作、専門運動に見えない。それをしているようには見えないことを目指していきます。


知っているか。そうでないか。

抽象的な感覚を体験的に認識し、具体的に理解、さらに体現に至る明確なノウハウとシステム。YSPCでは、合気や先、勁力、無力化、ムスビなど様々な秘術について、「これだけ」だと極論的に端的に解明し、習得に必要なシンプルで具体的な手順、ノウハウを用意しています。


体験から階層的に理解していく知覚能力の開発

YSPCでは、実際に代表から技を体験できることで、その技術を、細かく分類し知覚できるようになる特殊な体伝方法を用意していきます。受講度に見えるものが増え、認識するレベルがあがる奥行きのある学習を期待できます。


武術=身体操作で良いのか

極意という言葉にある通り、武術の極意とは、まさに意識を極めるところにあります。それは、認識を広げるとも言えます。

ところが、身体にこそ、武術の答えが眠っている、身体にこそ答えが隠されていると考えることで、武術が対人運動であること、相手とのノンバーバルコミュニケーションであることがおろそかになり、本当は相手の身体操作が目的だということまで気づけなくなっていることもあります。


意識操作・意識感知能力の養成

YSPCでは、意識というものを感じるだけでなく、それらをコントロールできる能力を開発していき、それを育てていく具体的な練習方法があります。



カレンダー 参加資格 プログラム システム 参加者の声 YSPC創始者 初めてのお申し込み 料金 会場

トップページ 


 




楽しい。面白い。
ワクワクする。


人間の不思議を体験しましょう。


自分のカラダの秘密を知ることになります。書籍や武道教室でも学べない武術の戦闘原理を学んでいきます。武術ではどのように戦闘をしてきたのか。人を斬るとは、どういうことだったのか。武術の戦闘原理や、武術のシークレットコンセプト、哲学を体験的に学ぶことができます。


そこには「こんなカンタンな仕組みだったのか」という現実も。崇高だったものが脆く崩れてしまうことでもあります。それはまるで歴史謎解きミステリーのようなものなのです。これはいったいどうなっていくんだろう。そういう謎解きに参加しているワクワクがあります。


自分の身体で可能性を感じることができます。


プログラム概要

初めてのお申し込み

トップページ 



深い。わかりやすい。
ゾクゾクする。


意識の世界を解き明かします。


そこには、人間とはなんであるか。コミュニケーションとは何をしているのか。動物はどのように世界を感じているのか。宇宙とはどういう意識運動なのか。技とは「結局、なにがおきているか」ということを、端的に解説してしまいます。

@@とは結局このことですという話をズバッと切り出してしまいます。「だったら、それだけをやればいい」という話をしてしまいます。それはシンプルでとてもエレガントな構造になっています。YSPCを複数回受講していくほど、この精妙な武術の奥深さを、身をもって体験していくことになります。


言語を超える旅になります。



快感。体感。
ドキドキする。


味わってしまいましょう。


本当は理屈ではありません。単にどのような仕組みでそうなっているのかを頭で理解するだけでなく、実際に体験して、体伝する。そうして、口伝の意味をカラダで理解していきます。YSPCの「ああ。なるほど」は、理屈ではありません。

エクスペリエンスによって理解できる。どれだけ理論で固めても、一回の体験には勝てません。意識とは体験です。わかろうと努力する必要はありません。わかってしまう方法があり、それが体験です。


脳疲労に陥るほどの体験です。



入会費、年会費0円

ワンレッスン制・ワンテーマ指導

プログラム料金

▲ 上記アドバイザーとはジュニア・アドバイザーを指します。

▲トップページ ▲カレンダー ▲参加資格 ▲プログラム ▲システム 


フォローすると、護身術教室YSPCの投稿がfacebookに流れます。  ▲トップページ

トップページにもどる|Follow me|    



レッスンの申し込み・ご相談は、問い合わせフォームまで。電話によるお問い合わせ・ご相談は、いたしておりません。
トップページサイトマッププレスリリース|連絡先 |Copyright © 2012 護身術教室YSPC. ALL RIGHTS RESERVED.  | プライバシーポリシー